PROFILE

丸井 聡美

Satomi Marui
本厚木店 スタッフ
文学部卒
2014年入社

王将は、一人ひとりの
意見を尊重してくれる、
自分の
叶えられる会社。

志望

父親が食品関係の仕事をしていたため、「食と人」に接する仕事がしたいという思いがありました。子どもの頃、自分が考えた「理想の食べ物」を、父親が実現してくれたことが強く印象に残っており、自分も料理や食品を創作し、それを販売したかったんです。なので、就職活動を始めた当初に志望していたのは、食品加工や販売関係の仕事。ただ、中々就職活動がうまく行かなくて。そんな時に出会ったのが王将でした。王将は小さい頃から家族でよく食事に出かけており、活気のある独特な会社だなと感じていました。実際に説明会で社員の方に話を聞いたとき、社員一人ひとりを大切にする、親しみやすい会社だという印象を受け、「私もここで働いてみたい!」と志望したんです。飲食関係の会社は男性が多いイメージだったのですが、王将は説明会でも女性社員の方が話をされており、そこも働きやすそうだと感じた理由ですね。

志望動機

仕事内容、やりがい

現在は、ホール業務をメインに行っています。私は朝からのシフトが多いので、店内清掃や調味料などの準備といった開店作業、接客、レジ業務などを中心に行っています。仕事をしていて、やりがいを感じるのはやはりお客様から感謝の言葉を頂いたとき。「おいしかったよ!」言って頂けることがいちばん嬉しいですね。入社する前は飲食業に対して、人間関係や体力的にも大変そうだな、とか休みが取れないんじゃないかというイメージを持っていましたが、実際に入社してからはそんなことは全くなく、イメージはガラッと変わりました。休みもきちんと取れますし、体調なども考慮してもらえるので、女性でも無理なく働ける環境だと思います。ただ、やはり働いていると人手が不足したり、お客様から怒られたりと大変なこともあります。でも、王将はどの店舗でも人間関係が良いので、店長や社員、パートの方々に助けられることも多く、毎日楽しく働けています。

仕事内容、やりがい

王将の魅力、将来の

「自分の好きなことができる」というのが王将の魅力。一人ひとりの意見を尊重する文化があるので、女性でも忌憚なく意見が言いやすいですね。店舗単位の裁量権が大きく、やりたいと思ったことをやらせてくれる会社です。他にも、将来的に店を持ちたい、海外に行ってみたいなどの夢も言いやすく、叶えるために力を貸してくれる会社だと感じています。
私の夢はもっといろんな人が楽しんで仕事ができる環境をつくること。そのために今後はトレーナーのような仕事に就きたいと考えています。今も、アルバイトの方や後輩に指導することが多いのですが、積極的に声かけをしたり、分からないことを聞きやすい空気をつくるなど、みんなが楽しく仕事できるように、ということを心掛けています。

王将の魅力、将来の夢