印西牧の原店 店長 小澤 聖(Ozawa Takashi)

店長になった時、
動くことしかできなかったから、動いた。
毎日店内の隅々まで磨き上げた。

大学時代、居酒屋でアルバイトしていた時にそこの店長の人柄に惹かれ「こんな人になりたい」と接客業を志しました。ファミリーレストランに入社して店長を3年半務めましたが、そこは「マニュアルがすべて」という方針で、やりたいことができなかった。TV番組が転機でした。この番組内で王将が取り上げられており、そこで語られていた「店長の存在感」について、メモに残していました。
ファミレス時代からホールしかやったことがなかったので、店長になった時も厨房で鍋を振るのが不得意でした。だから、店の掃除を毎日やりました。油汚れはゆるさんという意気込みで。そうこうするうち、いつの間にかスタッフが全員でやるようになったんです。店長次第で店は変わります。王将では店長の裁量権がとても大きいのですが、それだけ責任も負うということ。好きにやらせてもらうには、強い意志が必要です。
当店はオリジナルメニューの持ち帰り弁当がよく出るのですが、消費税アップの時に利益を出そうとして大幅に値上げしました。そしたら見事に売れませんでした(笑)。エリアマネージャーもそうなるとわかっていたはずなのですが、「やってみろ」という感じで自由にさせてもらったと思います。でもこういう悔しさや、成功した時の満足感は店長でなければ味わえませんね。店長の醍醐味です。

ゴールは売り上げ増。
その目標を全員で共有しながら、
店独自の「文化」を創りたい。

部下には、仕事を一からきちんと教えています。自分が培ってきた仕事のやり方を伝えていきたい。部下が自分の良い所を受け継いでいくことで、その店の「文化」ができます。ある休日、ここ印西牧の原店へふらりと寄ってみたのですが、副店長がまるで私のような指示を出していたことに感激しました。わかってくれているんだな、と。部下に任せる勇気が必要なことを、その時初めて実感しました。

店のゴールは、売り上げを増やすこと。それを全スタッフで共通認識して、アイデアを出し合っています。社歴の長い人の意見を素直に聞き、とり入れるのも大切です。私ははっきりとモノを言うタイプですから、嫌われることもある。でも店長は嫌われ者でいい。ピリッとした雰囲気が次に受け継がれれば、それも文化になりますし。
若い人たちには、「仕事を好きになれ」と言いたいです。全力でぶつかるのは格好いいと思います。店長は常にチャンスを与えていますから、それを自分なりの仕事にしてほしいです。
次のステップは、マネージャーへの昇格です。私を1年ちょっとで店長にしてくれたのが、今のエリアマネージャー。できれば自分もそうなりたいですね。自分のように、調理経験もなく、やる気以外に何も持っていない人を一人前の人材に育てていければいいな、と。あ、そうそう、私の息子も王将に入れるのが夢なんです。