若手社員の声

王将への入社理由、仕事のやりがいなど、若手社員の本音を聞きました。

Q1.王将に入社を決めた理由

ホール業務をメインで担当。いずれはメニュー考案などにも携わりたいので、料理も勉強中です。常連のお客様は、顔を見ればすぐわかる。味の好みだってバッチリです!濃いめの味付けが好きな方が来店されたときは、事前に厨房に伝えておいたり。イスラム教のお客様には、食べられる肉で対応したり。こういうところが、王将が長年お客様に愛される理由だと、働いてみて実感しました。

Q2.自身の成長につながったエピソード

今、指導していただいている接客トレーナーに出会えたことで、視野が広がりました。私もそこを目指したい!と明確な目標ができて。お客様をスムーズにご案内するには?料理をスピーディーにご提供するには?と、常に段取りを考えて動くようになりました。現在は、新店舗のヘルプとして、大勢の社員やアルバイト、パートの指導を任されています。目標にぐんと近づけて、仕事が楽しい!

Q3.仕事を通して叶えたい夢・目標

接客トレーナーになりたい!店長やトレーナーの先輩方の指導を受けながら、目下勉強中です。
いずれは、各店舗をまわって大勢の人を指導できるような立場になるのが夢。自分が表に立って活躍する!というよりも、やる気のある若手の人たちに一人前になっていただけるような、影の立役者のような仕事を、これからもしていきたいです。

Q1.王将に入社を決めた理由

王将発祥の地、京都出身。地元に貢献できる仕事がしたい、という想いがあって。王将しかない!と迷いなく決めました。いわゆるチェーンの店とは違う、「一から手づくり」という王将のスタイルに惚れ込んで。自分でつくったものを提供できる喜びを味わえるのは、王将ならではの醍醐味だと、入社前から感じていました。

Q2.現在の仕事について

厨房・ホールともに任せてもらっていますが、今は厨房に立つことの方が多く、鍋も焼き場も担当しています。焼き飯はお客様からの評判もいいんですよ♪ホールで接客をしていて嬉しかったのが、お客様から置き手紙をいただいたこと。私宛てに、『笑顔が素敵でした』と書いてくださっていて。今でもお財布に入れて持ち歩いています。

Q3. 自身の成長につながったエピソード

鍋振りで悩んだ時期がありました。味や調理スピードが、思い通りにできなくて、何度もくじけそうになって。ひたすらチャレンジするのみでした。私はすぐに泣いてしまうし、全然、メンタルが強くないんです。それでも、ちゃんと叱ってくれる先輩方を尊敬しているから、ついていきたくて。諦めたら出来ないまま、ここで終わりたくない!という一心でした。だから今、この鍋場に立てていることを、誇りに思っています。

Q1.現在の仕事について

主に鍋場を担当。食材などの発注も行っています。今の店の店長は、最初から色々任せてくれます。忙しくて、僕では無理かな…というときも、「頑張ってやってみてくれ」と。責任というリスクを負ってまで、任せてくれる。常にチャンスを与えてもらえることに、感謝しています。厨房でもホールでも、やりがいを感じるのは忙しいとき。マニュアルがないからこそ、自分が仕切って多くのお客様に満足いただけた時の達成感は凄いです。

Q2. 自身の成長につながったエピソード

1年目は埼玉の店舗にいて、そこから寒川店に異動してきました。当時、千葉寒川店はリニューアルしたてで。正直、前の店舗とのやり方の違いに、戸惑うことばかりでした。そんなとき、相談に乗ってもらっていたのが、埼玉の店長。入社20年にも及ぶ、大ベテランです。「周りの文句はいくらでも言える。そこで自分が何をできるかを、考えろ」。胸に突き刺さる、大先輩の言葉でした。今でもこの言葉が、僕のポリシーです。

Q3.仕事を通して叶えたい夢・目標

まずは1日も早く店長になりたい。王将は、店長が自ら考えて動く。店長になってからが新たなスタートだと思うので、今からわくわくしています。お客様に料理とサービスで喜んでいただいて、そういうお客様をひとりでも多く増やすことで、従業員も喜びを感じる。双方がハッピーになれるお店でありたい。お祭りみたいな感じで、皆で盛り上がりながら、これからも仕事に邁進していきたいです。

Q1.王将に入社を決めた理由

数社から内定をいただいていましたが、全国展開をしている王将の規模感に惹かれました。選考が進む中で、地元北海道のすすきの店に、お客さんとして来店してみたのですが、とにかくもう、活気があって。オープンキッチン越しに見える、炎の立ち上がる鍋や、餃子を焼くスタッフの真剣な眼差し。ホールに響き渡る元気な声。王将で、明るく楽しく働く自分の姿がイメージできて、ここにしよう!って決めました。

Q2.現在の仕事について

厨房で鍋場をメインに担当し、店の閉め作業にも参加しています。やりがいを感じるのは、忙しくてもスムーズに料理を提供できたり、お客様をご案内できているとき。どんなに忙しくても、盛りつけは丁寧に!料理は見た目も大事ですから。深夜帯は従業員の人数が少ない分、鍛えられました。いつもより動かなければいけない分、視野が広がって、マルチタスクをこなせるようになったと思います。

Q3.仕事を通して叶えたい夢・目標

いつか、北海道に戻って自分の店を持つのが夢です。地元の小樽市には、まだ王将がないので、自分がフランチャイズの1号店を出したい。王将は独立支援制度もしっかりしているので、そういう点も魅力です。王将が掲げている、地域に根ざした、なくてはならない店を自分の手でつくりたい。地元の仲間や友人が笑顔で集ってくれるような、そんな店にできたら最高ですね。

Q1.王将に入社を決めた理由

学生時代に接客のアルバイトをしていたこともあり、サービス業を志望していました。そんな中でも、非日常的な空間や、一生のイベントごとでしか触れる機会のないサービスよりも、日常的に、暮らしに溶け込むような、そんなサービスに携わりたいと思い、王将を選びました。お客様の笑顔や、常連のお客様と従業員の、楽しそうな会話で溢れる店舗を見て、「ここしかない!」と思ったんです。

Q2.現在の仕事について

2年ほど前から、ホール責任者として、従業員の指導にあたっています。お客様の食べ進めている様子を見ながら、スムーズに料理を運んだり、呼び止められる前に、お声がけするよう努めています。お話好きの常連さんには、進んで話しかけたり、逆に、仕事帰りでお疲れの様子の方は、そっとしておいたり。「この間、いなかったね」なんて、お客様から声をかけていただくこともよくあって。本当に嬉しい瞬間です。

Q3.仕事を通して叶えたい夢・目標

前にいた店舗は、とにかく忙しくて、ベテランのパートさんも大勢いて。まだまだ未熟だった私は、叱られてばかりでした。でもそのおかげで、意識が変わりました。ハンディのミスひとつで料理をお待たせしてしまう、など、大切な気づきもたくさん与えてもらいました。今でもたまに、その店舗に顔を出したり。実家の母に会いにいくような気分です。私もいつか、後輩たちが背中を追いかけてくれるような、そんな先輩になりたいです。