食材の安定供給を通じて店舗を支える自負。数多くの人と関わる中で、高め続けていきたい人間力。

「信頼され、任される」カルチャーへの興味と驚き。
ここでなら自分の殻を破れると思った。

大学時代はバイオサイエンスを専攻。それもあって、将来は食品業界で働けたらいいなと思っていました。大人しい性格なので仕事を通じて殻を破ることが出来ればという想いもあって、営業職を中心にエントリーしていましたね。王将を知ったのは、大学時代に滋賀県で一人暮らしを始めてから。キムチラーメンが好きでしょっちゅう長浜店に通っていました。広く言えば食に関わる仕事ですし、王将という会社や働き方にも興味があったので説明会に参加することにしたんです。話を聞いて一番印象に残ったのは、店長の裁量の大きさ。ただ料理を作るだけでなく、店舗運営に関するすべてを担うというイメージは何となく持っていましたが想像以上に色々と任せてもらえることに驚きましたね。それと同時に、「面白そうだな」という気持ちも芽生えていました。無事内定をいただいたタイミングで就職活動を終了。王将という会社には何となく体育会系でハードな印象を持っていましたが、内定者懇親会や入社後の研修を通じて人や社風が自分に合っていると感じました。ここでなら自分の殻が破れそうな気がしましたし、色々と任せてもらえそうなのも僕の性格にピッタリだなと。
生産管理として働くことはもともと決まっていたのですが、入社後は京都東インター店に勤務。あっという間ではありましたが、店舗業務をひと通り学べたこと、自分の目でリアルな現場を体感できたことは、その後生産管理として働き出した後も非常に役立ちましたね。

現場を巻き込み、成果を手にした改善提案。
自分を成長させてくれた「任せる立場」。

店舗勤務を経て久御山工場に赴任してからは、餃子の餡と皮、生麺、肉のスライス・ミンチなどの一次加工、スープの製造工程をすべて経験しました。その後、異動した九州工場では餃子の皮を作り餡を包むポジションを担当。皮の品質向上に注力した後、再び久御山工場に戻ってからはキャベツ、肉、小麦や調味料などあらゆる原材料の発注を任されました。曜日や天候、ゴールデンウィークやお盆といった時期によって発注量を調整する難易度の高い仕事でしたね。在庫量との兼ね合いでどうしても発生する理論値とのズレを減らすためにロス削減を自主的に提案。入社2年目の若造からの意見に対しても、経験豊富な現場の方々が非常に協力的でありがたかったですし、大きな成果をあげられたことで現場の一体感がより増したと思います。
現在は中心メンバーとして立上げに関わった東松山工場で生産管理をはじめ、品質管理や物流など工場全体の統括的立場を務めています。業務が多岐に渡る中、メンバーを信頼し任せるシーンが増えたことで、それまではどちらかと言えば黙々と業務を行っていた自分自身の人間力が高まった気がしますね。周りからも表情が豊かになったとよく言われます。僕の基本的な考え方は「みんな楽しく、やりがいを持って仕事をしてほしい」。そのために何が出来るのかを自問自答する時、さらに人間力を高め、そうした環境整備を実現出来る力をもっと身に付けなきゃいけないと思っているんです。