独立以上に夢中になれるミッションとの出会い。王将で働くすべての人が夢を持てる会社、そして店舗でありたい。

もっと熱を感じる仕事、人に出会いたい。
そんな会社がたったひとつだけあった。

もともとはずっと教師を目指していました。ただ、教育実習に参加した時に「なんか違うかも」と感じたんですよね。教師ってもっと熱く子どもたちに向かっていく存在だと思っていたのに、何となく保守的というかサラリーマン的というか。みんな「好きでやっている!」という感じがしなかったんです。自分が進む道は教師じゃないのかもなと考え始めたタイミングで思い出したのが、大学時代のハンバーガーチェーンでのアルバイト。時給は安い、労働時間は長いという噂を聞いて逆にやってみたくなったんです(笑)。結果としては、ものすごく楽しかった。頑張れば頑張るほど認めてもらえる働き方が性に合っていたんでしょうね。そのことを思い出して飲食業に惹かれ始めた矢先、王将のパンフレットを偶然見たんです。王将から独立した若いオーナーが稼いでいる様子が載っており、「これは選考に参加するしかない」と。でも、一度も行ったことがなかったんです、王将に(笑)。初めて行ってみると、安くて美味しくていい店だなと思いました。面接では実際にお店に行ってみて気付いた改善点を伝えましたが、しっかりと聞いてくれましたし、僕が求めていた仕事に対する熱さや一人ひとりを大切にする姿勢を強く感じました。「もう、ここしかない!」。就職活動を通じて選考を受けた会社は王将だけ。無事入社が決まった時はもちろんうれしかったですが、とにかく早く店長になって将来は独立するぞと思っていましたね。

悔しさと逆境が育んでくれた揺るぎない自信。
大きな推進力となって、王将を前進させていく。

飲食業でのアルバイト経験もあるし、やれる自信はあったんです。ところが実際に働いてみると見事に何も出来ない。餃子を巻くにしても先輩社員にはスピードも美しさも到底敵わず、鼻で笑われるような有り様でした。でも、数多く経験したこうした逆境こそが、僕にとっては飛躍のための原動力になったと思いますね。もっと早く正確にお客様のオーダーに応えたい。だから、家に帰った後でこのオーダーにはどう動けばいいかを何パターンもシミュレーションする。同い年の店長に負けたくない。だから、1年間徹底的に鍋ふりを練習して「お前の方が鍋ふり早いな」と認めてもらう。そうした積み重ねで得られた自信があったからこそ、店長になってからは前年比120%の売上をコンスタントに達成する店舗を作れましたし、新店立上げにゼロから関わることも出来たと思っています。
現在は東京地区のエリアマネージャーとして、店長を支える立場になりました。一店舗だけにとどまらない影響力を発揮出来るポジションであるのは大きな魅力です。関わるスタッフは担当店舗だけで500名以上。目指す方向やあるべき姿を浸透させる難しさを感じることはありますが、よりよい店舗を作りたいという想いに共感してくれる人が多いのは本当にうれしいし、やりがいにも繋がっています。これから僕が果たすべき役割は、店長からアルバイトまで王将に関わるすべての人が夢や目標を持てるような明確なビジョンを指し示していくこと。独立を考えるのはまだまだ先の話になりそうですね。