女性活躍のステージ

王将フードサービスは今後さらなる進化・発展を遂げる要として、
女性が活躍できるステージを積極的に設けていきたいと考えています。
日常食を生業とする王将にとって、女性ならではの味覚や接客、感性は不可欠。
将来的には、女性が男性の数を上回るような社員構成であってほしいと願っています。

具体的な取り組み

地域限定・短時間勤務の
正社員登用※2017年3月末現在で80名を登用

パートタイマー従業員を対象に、地域限定・短時間勤務の社員として登用する制度を導入。週20時間以上40時間未満の勤務を条件とし、育児などが一段落すればフルタイム正社員に採用。管理職への登用も可能としています。
時代とともに働き方への価値観やニーズも変わってきている中で、優秀な人材の才能を発掘し、成長させるため、今後は新規採用にも同制度を適用します。

女性のプロジェクトチームによる
新メニューの開発

バランス料理研究家の小針衣里加さんを監修として迎え、王将の女性スタッフ計13名で「王将女子チームプロジェクト」を結成。
安心・安全・健康的で女性の視点を活かした新メニューの開発に取り組んでいます。
2015年12月11日より、第一弾メニュー「大人のミルフィーユハムカツ」を全店にて発売しました。

女性向けの新コンセプト店舗
「GYOZA OHSHO」オープン

2016年、女性向け新コンセプト店舗「GYOZA OHSHO」をオープン。京都の1号店を皮切りに大宮、芦屋へと店舗を拡大しています。女性デザイナーによる設計のもと、女性だけではなく、仕事帰りの男性も行きたくなるバルスタイルの店舗に仕上げています。従来のメニューに加え、女性向けの新メニューも用意するほか、ワインなどアルコールの品揃えも充実。女性ならではの視点と王将の伝統を融合させ、さらなる女性層の取り込みを図ります。